NFCタグ

NFCタグを使ってアプリを起動する事なくアイテムのモードを変更できます。
アプリ起動中には計測器を切り替える機能にも使えます。
NFCタグの読み書きに対応する機種(iPhone XS以降)に限られます。

モードを変更するとは、アプリ上のアイテムのモードを変える(例えばONからOFFにする)ためにLogを追加してアプリ上のアイテムの状態をそのモードに変更するという事です。

できること

  • NFCタグにデータを書き込む。
  • NFCタグをスキャンしてモードを変更する。
  • 他のアプリの機能を実行するのと一緒にモードを変更する。
  • 計測器を切り替えて、入力画面を表示する。

設定方法

  1. 下の「NFCタグにデータを書き込む」の手順で、NFCタグにデータを書き込みます。
  2. ショットカットアプリでオートメーション画面を開きます。
  3. オートメーション画面の右上に「+」ボタンがあればそれをタップします。
  4. 「個人用オートメーションを作成」をタップします。
  5. 次の画面で「NFC」を選択します。(NFCに対応していない機種では表示されません)
  6. 次の画面で「スキャン」をタップします。
  7. 「スキャンの準備ができました」と表示されたら、書き込んだNFCタグをiPhoneにかざします。
  8. タグに名前をつけ「次へ」で次の画面に進みます。
  9. 「アクションを追加」ボタンをタップします。
  10. 「App」を選択してアプリの一覧から「Switch Log」を選択します。
  11. 実行させたいアクションを選択します。
  12. 戻った画面で「実行時に表示」をOFFにして「次へ」で次の画面に進みます。
  13. 「実行の前に尋ねる」や「実行時に通知」を好みで設定し「完了」をタップします。

NFCタグにデータを書き込む

  1. アイテム詳細画面から「Siri / NFC」ボタンをタップします。
  2. モードの一覧が表示されるので、モードを選択して「NFCタグに書き込み」ボタンをタップします。
  3. 「スキャンの準備ができました」と表示されたら、書き込みしても良いNFCタグにiPhoneをかざします。
  4. 既にNFCタグに何か書き込まれていた場合、上書き確認のメッセージが表示されます。上書きする場合は、再度同じタグをスキャンさせます。
  5. NFCタグに、アイテムとモードの情報が書き込まれます。エラーになった場合は再度手順2から始めます。

NFCタグをかざしてモードを変更する

設定方法の手順でNFCタグの準備が出来たら、NFCタグをスキャンしてモードを変更してみます。他のアプリの機能とまだ連動させていない場合、実際のルームライトは手動でON/OFFします。

他のアプリと連動する

他のアプリと連動

注意事項

SiriとNFCの注意事項

計測器を切り替える

複数の計測器にそれぞれNFCタグを対応させて、計測器を切り替えることができます。
「ログを追加」ボタンを長押しすると、値の入力画面まで表示できるので入力が効率的に行えます。