Switch Log – アイテムの設定

Switch Logのアイテムの追加やモードの設定方法を説明します。
日本語以外で見たい場合は、ブラウザの翻訳機能を使用してください。

If you want to see it in languages other than Japanese, please use your browser's translation function.

1. アイテムを登録する

アイテムを追加して、アイテムの電気料金を計算できるようにします。
まずはアイテム自体を登録します。

頻繁にON/OFF(モード)を切り替えるようなアイテムではなく、まずは長時間使用するアイテムから登録しましょう。長時間使用するアイテムや、常にONになっているアイテムは電気料金への影響が大きいのと、アプリでモードを切り替える手間が少なくできるので、アプリの使い始めは冷蔵庫、照明、エアコンなど大物を登録するのがお勧めです。

  1. アイテム一覧画面の右上の「+」ボタンをタップする
  2. 名称、メーカー、型番、メモを入力する
    名称、メーカーは必ず入力します。
    型番、メモが未入力でもOKです。
  3. 保存ボタンをタップする

2. アイテムのモードを追加する

アイテムを追加したらアイテムのモードを追加します。アイテムには既にOFFモードが追加されています。
アイテムには単純にON/OFFだけものもから、弱、中、強などの段階があるものまで様々です。まずはそのアイテムで普段使うモードを追加します。

ワット数は使用中に一定のもの(照明など)、多少変動するもの(テレビなど)、自動モードでモード自体が切り替わるように大きく変動するもの(エアコンなど)があります。変動するアイテムの正確なワット数を入力するのは不可能なので「平均するとだいたいこのくらい」という感じで入力します。

最初に入力した値が後で違っていた事がわかっても、その時にワット数を修正すれば、その修正された値で過去の分も計算するので、間違いを怖がる事はありません。

  1. 一覧画面に追加したアイテムが表示されているので、「i」ボタンをタップする
  2. モードの追加ボタンをタップする
  3. モード編集画面で、モード名とワット/時間を入力する
    ワット/時間は、ホームページに載っている場合はそれを入力します。
    載っていない場合は、自分で計測器などで調べるか、似た製品を参考にします。
    わからない場合は「だいたいの値」で大丈夫です。
  4. 保存ボタンをタップする

3. アイテムの画像を設定する

アイテムに画像を設定しておくと、見分けやすくなり便利です。
カメラで撮影したり、既に撮影済みの写真を使用したり、メーカーやお店のホームページの画像をコピーして貼り付けたりできます。(個人での使用が許される範囲で使用してください。)
今回は例として「LEDシーリングライト HH-CG0834A ~8畳」のホームページの画像を使用します。

  1. ブラウザでホームページを開き、画像を長押しする
  2. メニューから「コピー」を選択する
  3. Switch Logアプリに戻って画像部分を長押しする
  4. メニューから「貼り付け」を選択する
  5. 確認画面で「はい」をタップする
  6. 画像が設定される

4. アイテムのモードを設定する

実際にそのアイテムを使用する又は使用した時に、アプリでアイテムのモードを変更してアプリに使用状況を知らせます。アプリはそのモードのワット数と時間から電気料金を計算してダッシュボードなどに表示します。

  1. アイテム一覧で、モードボタンをタップする
  2. メニューからモードを選択する
  3. アイテム一覧に、現在のモードとそのワット数が表示される
  4. ダッシュボードに、今日や今月の使用状況、今日のランキングなどが表示される

5. 便利な使い方

実際のアイテムを使用するたびにアプリを開いてモードを変更するのは、
正直大変です。
すぐ忘れます。
このアプリ最大のネックです。

それを解消するための便利な使い方として、SiriNFCタグの活用があります。
アプリを開く事なくモードの変更や実アイテムのスイッチを制御できたりします。

6. 今後の予定

今年発表されたスマートホームのための新規格「Matter」への対応を計画しています。